包茎手術は糸でも価格が違う!知っておきたい基礎知識

包茎手術に限らず皮膚を切るような手術を受けた場合には、その切り口を塞ぐために縫合と呼ばれる作業が行われます。
この方法は糸を使って縫いあげるというものですが、そこで使われる糸の種類や縫合する方法によって仕上がりや予後に違いが出てくるものです。
特に包茎手術で気になるところは費用面で使われる糸によって価格も変わってきます。
このため、包茎手術を受ける時には手術の方法だけでなく使われる糸の種類などについても理解しておくことが重要になるものです。
安易に手術を受けると高額の費用が発生することもありますから、理解しておくことがトラブルを避ける上でもポイントになります。

包茎手術はどこで受ける?

包茎手術を受けることができる医療機関としては、一般病院の泌尿器科と男性向けの美容整形クリニックがあります。
一般病院の泌尿器科の場合には、包茎でも真性包茎やカントン包茎など生殖機能にとして問題が発生する場合に行うものが中心で、生殖機能に影響がない仮性包茎の場合には行なってくれないこともあります。
これはあくまでも治療として行うものであるためで、ほとんどの場合には健康保険の対象となるものしか手術を行わないものです。
一方で仮性包茎であっても、見た目の悪さを気にしたり包皮がかぶることによる不潔感、またペニスを大きくしたいといった場合に包茎手術をしたいという需要があり、このため男性向けの美容整形クリニックで包茎手術を受けることが出来ます。
ただ全ての美容整形クリニックが対応しているわけではなく、外科的処置ができるクリニックとなるものです。
それとほとんどの美容整形クリニックの場合には健康保険を使うことができませんから、そのような場合には全額自己負担となるため注意が必要になります。
これは健康保険の対象となる真性包茎やカントン包茎の包茎手術でも同様で、見た目を気にしないのであれば、一般病院で包茎手術を受けた方が費用を抑えることができます。

一般病院での包茎手術は選択肢がない

真性包茎やカントン包茎といった生殖活動に問題のある状態であれば、治療という目的で包茎手術を受けることができますから健康保険を使うことができ、費用も実費で数万円程度で済ませることができます。
一般病院での包茎手術の最大のメリットは、費用を抑えられるという点に限られます。
一方でデメリットは、選択肢がないという点です。
ともかく生殖機能が回復すれば良いわけで仕上がりが悪いということも多くあります。
もちろん熟練したセンスのある医師であれば、それなりの配慮をして手術をしてくれますが美容整形クリニックと異なって、その医師が手掛けてきた手術を見るといったことはできません。
このため、特に仕上がりを気にする場合には不向きです。
また仕上がりに大きく影響するものとして、皮膚の切除方法がありますがスタンダードな環状切開法しか対応していないのも選択肢がない理由になります。
仮性包茎の手術を行うとしても切除する方法が用いられるので、例えば糸で皮膚を引っ張って包茎状態を改善する切らない包茎術や、亀頭を増大させることによって包皮を被らないようにすると言った方法などの選択肢がありません。
この点で生殖活動に問題があるという場合を除けば、一般病院の包茎手術には選択肢がない方法です。

 

美容整形クリニックで施術を受ける注意点

美容整形クリニックでも男性向けに展開しているところであれば、様々な包茎手術を提供しているのが特徴です。
切除する方法についても仕上がりを配慮したものや、糸の種類によって価格も変わってきます。
この選択肢の豊富さは、かえって相場というものが分かりにくくなるもので費用を高額に請求されるというケースも珍しくないものです。
例えば使われる糸にしても、一般の手術で使われるナイロン糸と溶けることで体に吸収される糸では価格が違ってきます。
これもクリニックによって対応が変わってくるもので、通常使っているものが普通のナイロン糸であれば体に吸収される糸が割増となります。
この反対のケースもあり、通常使っているのが体に吸収されるものであれば、普通のナイロン糸が割増となることもあるものです。
基本的に仕上がりには違いがないとされていますが、体に吸収されるものは抜糸の手間がないものの運が悪いと炎症を起こしやすく仕上がりに影響するといわれています。
いずれにしても糸の違いだけでも価格が変わってくると言うのは美容整形クリニックですから、包茎手術を受ける前にはしっかりと費用について理解しておくことが重要ですし、また信頼できるところを選ぶ必要があるものです。

まとめ

包茎手術は、一般病院の場合には選択肢がありませんが料金が明確になっているのがメリットですが、仕上がりがあまり良くないということも多くあります。
美容整形クリニックの場合には、選択肢が豊富な一方で料金に違いが大きくあり、縫合に使われる糸の種類だけでも価格に差が出てくるものです
。糸の種類が必ずしも仕上がりに大きく影響するものではありませんが、美容整形クリニックを利用して包茎手術を受ける場合には、それらを含めてメリットやデメリットを理解し、また料金面でも十分に納得した上で受けることがトラブルを避けるためには不可欠です。