39 words • < 1 min read

包茎手術にかかる費用相場

仮性包茎手術でかかる費用相場はどれぐらい?

世の中の男性のほとんどが仮性包茎だと言われています。生活には特に支障はありませんし、痛みなどが生じているわけではありませんが、カスが溜まってしまって悪臭がしたり、見た目的なところでコンプレックスを感じている方も多いです。

仮性包茎手術を検討されている方は、保険が適用されないということもあって全額自費治療となりますのでそれを加味して費用を比較する事になります。もちろん安ければ良いというわけではありませんが、包茎手術の方法も様々なアプローチがあり、最安値ですと3万円ほどから出来ますが、環状切開で6万円~10万円程度です。

最も人気がある方法ともいわれる、亀頭直下埋没法という包茎手術ですと、14万円ぐらいから25万円ほどとかなり費用にも幅が出てきます。自分に適した方法を選択することがポイントですが、費用の安さだけで選ぶことなく、カウンセリングなども受けた上で決める事をおすすめします。

真性包茎の包茎手術の費用相場はどれぐらい?

仮性包茎の場合は保険が適用されないのが一般的です。しかし真性包茎やカントン包茎の場合は日常的にもかなり不便であったり、痛みが生じるということもありますので保険を使った包茎手術を選択することも可能です。

もちろん保険を使えばそれだけ安く済ませることはできますが、このアプローチ方法は昔から使われている方法で、傷跡が目立ってしまうというデメリットがあります。そのため今は保険が適用外ではありますが傷跡も目立たず快適な方法を選択している方も多くみられます。

環状切開で10万円ぐらいから25~6万円、亀頭直下埋没法で14万円から35万円ぐらいまでとかなり幅が有ります。仮性包茎よりも高いのは、癒着している部分をとらなければならず手術内容も少し高度になるためです。

包茎手術を専門的に行っている男性クリニックも増えていますし、まずは無料カウンセリングなどを利用して相談してみる事をおすすめします。

まとめ

包茎手術と一言でいっても、仮性包茎なのか真性包茎(カントン包茎)など状態によっても選択する内容は異なります。費用相場は一応有りますが、保険適用外の自費治療に関してはクリニックで自由に設定されていることもありばらつきがあります。

安さだけで選ぶのではなく、口コミやランキングなども参考にしたうえで、まずはカウンセリングに行って相談してみる事をおすすめします。その中で1番納得できる手術方法や費用の所を選ぶと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です