46 words • < 1 min read

包茎手術の方法の種類

世界的にスタンダードな環状切開法

環状切開法は泌尿器科の医学書にも掲載されている包茎手術で、世界的に使われている方法です。日本国内の包茎手術を行っている医療機関もほとんどがこのやり方を採用し、包茎の原因となっている包の狭い部分まできちんと切り取れます手術をしてもリッジバンドという性感帯を温存することが出来るので、性生活に影響を与えません。具体的な方法では包皮の狭い部分を帯状にカットして、縫い合わせます。

包茎の改善を重視したやり方なので、見た目にはあまりこだわりません。包皮に隠れている部分の肌色と元の外部にある色素沈着をした部分が2つ露出するので、ツートンカラーになることもあります。ですが包茎手術でのツートンカラーは時間が経てば改善されるので、見つめを気にしない人にはぴったりの方法です。

選ぶクリニックによってはかなり費用も抑えられるので、金銭面を気にする人も手軽に受けられるのが大きなメリットになります。とにかく包茎を改善したい、症状を緩和したい人におすすめです。

見た目と機能性が両立している亀頭下環状切開法

亀頭下環状切開法は包茎手術の中でも安全性が高く、仕上がりの良さを兼ね備えていると言われている手術です。環状切開法を改良したやり方で、ツートンカラーや術後の腫れを最小限にしてくれます。自然な仕上がりになるので、見た目にこだわる人も選べるのが嬉しいポイントです。

包茎手術をするときにはツートンカラーにならないように切除する部分を決めて、見た目を重視してデザインを決定します。次に患部の皮には皮下組織が存在しない部分があるので、その近く。切除して腫れを最小限抑えます。2週間程度で溶ける糸を使うので抜糸は必要なく、患者の負担も軽減されるのが魅力です。

素早く糸が溶けるので縫い合わせた部分に跡が付きにくく、見た目も美しいです。機能面もきちんと確保し、見た目もこだわることから、完璧な仕上がりに近づけたい人に向いています。
どのように手術を進めていくのか、どんなデザインにするのかしっかりと医師と相談することが大切です。

まとめ

その他にもメスを使わずに行う包茎手術やヒアルロン酸を注入する方法、クランプ法など様々な種類があります。選ぶ手術によって効果や仕上がりに差が出てきますので、自分はどのような手術方法が合っているのか専門家と話し合うことが重要です。またどの手術もメリットとデメリットがあるので、それらを理解した上で選ぶようにしましょう。カウンセリングを受ける前にもどんな種類があるのか調べて、包茎手術の基礎知識を学んでおくと相談するときにスムーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です